つんく♂の超プロデューサー視点!

楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」

楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」

これまでに約1900もの楽曲の作詞を手がけてきたつんく♂。プロの歌詞の書き方をテーマとしたコラムを、お届けします。後編は歌詞にとって最も重要な、「耳キャッチ」と「パンチライン」編です。前編はこちら。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) 耳にひっかっけるセンテンス選びがプロの腕の見せ所 前編のコラムで、「多くの人は、歌詞の中身が頭に入っていない」という話をしました。 何かのきっかけがあって、やっと楽曲をしっかり聴くようになります。そのときに大事

スキ
202
プロ作詞家としての「歌詞の書き方」教えます。

プロ作詞家としての「歌詞の書き方」教えます。

これまでに約1900もの楽曲の作詞を手がけてきたつんく♂。歌詞の書き方をテーマとしたコラムを、2本立てで一気にお届けします。前編の約3300字は、どなたも無料でお楽しみいただけます。後編はこちら。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) プロの作詞家とアマチュアの違いこれまでも、何度か歌詞の書き方を伝授してきました。 歌詞って誰でも書けるし、誰が書いたものも正解です。100m競争みたいに、誰が1位かを明確にする指標はありません。 ただし、概ねの

スキ
418