モーニング娘。'21 佐藤優樹の卒業コンサートを鑑賞して
見出し画像

モーニング娘。'21 佐藤優樹の卒業コンサートを鑑賞して

つんく♂
マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご愛読、ありがとうございます。2021年12月13日に、日本武道館でモーニング娘。'21の佐藤優樹さん卒業コンサートが開催されました。ステージ映像を観たつんく♂からのメッセージを、全文無料でお届けします。
<文 つんく♂ / 編集 小沢あや(ピース) / イラスト みずしな孝之

佐藤優樹、卒業おめでとう。いい顔してたよ。

最後の「笑顔の君は太陽さ」とても良かった。前もってこの曲を歌うことも聞いていたし、配信用として彼女ひとりで歌い切ったソロ版の「笑顔の君は太陽さ」も聴いてたんだけど、ライブを観て、彼女がこの曲を選んだ理由がなんとなくわかった気がした。

グループ用に作った曲だけど、この日のこの瞬間だけは、佐藤がソロで歌うためにあったかのような、力強い曲になっていました。歌詞もメロもバックトラックも、心に突き刺さってきたように思います。

いつも言うけど、アイドルは3〜4年である種の「やり切った感」に見舞われます。それは本人だけでなく、制作陣、マネージャー陣もです。なんとなく、燃え尽き症候群みたいな状況に陥るんです。

モーニング娘。たちの場合はメンバーチェンジ等によって常に新鮮さを保つことができたからこそ、今日まで長くやってこられました。こうやって、佐藤が10年やっても「え? もう卒業するの?」みたいな感覚で送り出すという、不思議な現象に見舞われます。

本人も体調のこともあって、卒業を決心したとは思います。でも、本番中のMCでも言ってたように、「またコンサートで会いましょう」というような気持ちはネタでもなく、「なんとなくまたそうなるんじゃないか」という不思議な気持ちの中にいたんじゃないかな。

佐藤自身の今後がどうなってくか、誰にもわからないし、当然本人にもわからないけれど。この日のライブを観て「ああ、楽しみだな〜」って思いました。

そしてきっと、モーニング娘。自身もこれからも進化、変化しつつ逞しくなっていくんだろうなぁ〜。って、感じました。

まだ100%の動員率ではないけど、こうやって有観客でライブをやれることへの感謝と、曲を作れる幸せを実感したそんな1日でした。

ありがとうございました。

こちらではメンバーへのメッセージを公開しています。

有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」では、オリジナルコラムや、ゲストを迎えた対談記事を毎月3本以上更新いたします。是非ご覧ください。感想はハッシュタグ「#つんくnote」をつけてどんどんつぶやいてくださいね。

【人気記事】

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」おかわり!笑
つんく♂
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。