見出し画像

伸びるアイドルグループが大切にしていること

つんく♂

noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。先日、つんく♂がリクルートグループの50年以上続くという社内報『かもめ』で、チーム論について取材を受けました。再編集したものをお届けいたします。
<イラスト みずしな孝之

良いチームについて思考を深めるために、日本のエンターテインメント界で数々の人気グループを生み出し続けているつんく♂さんにスペシャルインタビュー。音楽家・エンターテインメントプロデューサー、作詞家、作曲家としてつんく♂さんは、「伸びるアイドルグループ」をどう捉えているのでしょうか。

オールマイティに何でもできるメンバーが存在しないこと

日本におけるアイドルのなかで「伸びるアイドルグループ」の条件をあげるとしたら、メジャーリーグの野球選手でいうところの大谷翔平選手のような、オールマイティに何でもできるメンバーが存在しないことですね。

ルックス、ダンス、歌、明るさ、などの全てにおいて、圧倒的に突き抜けているメンバーがいたとしたら、そのチームは長続きしないでしょう。特にそういう人がリーダーの域を超えて、プロデューサーの権限までも持ってしまったとしたら、短期的にはチームは引っ張られていい方向に行くかもしれないけど、中長期的には2年弱くらいで崩壊すると思います。

男性アイドルの場合は、DA PUMPのISSAさんやEXILE HIROさんのように、完全なるボスとそれに慕う仲間達というチーム構成になれば、継続できる可能性はあるかもしれませんが、女性アイドルグループの場合は難しいケースが多いかもしれないですね。

僕は、メンバーそれぞれが、ちょっとずつ抜きん出ている強みが違っていることが、伸びるチームの特徴だと思っています。だからこそ、チームを組む際には、ソロで活躍出来る人、もしくはソロでしか活躍できそうにないメンバーを除き、歌の上手いメンバーを1〜2名、あとはキャラクターまたはルックス重視でバランス感覚の高いメンバーを数名組み合わせます。

メンバー構成を先に考え過ぎず、少々ごちゃっとしているチームにした方が覚えてもらいやすい。また、アイドルという職業へのプロ意識があり、どんな「ツッコミ」にも恐れない吸収力や柔軟性をもち、かつ、優等生ぶらないことなどがキャラクターラインナップとして重要だと感じています。センターだけに成果を負わせるのは大変なので、他のメンバーがそれぞれの個性で補い合うチーム体制が大切ですね。

企業の面接とは違いますが、採用する際の面談の質問には、最初から本音で答えて欲しいという思いがあります。最終的にチームの一員、仲間になるわけなので。例えば、大きな火傷の痕があるとか、家族構成、過去に学校でトラブルがあったとか。「実は……」と後から告白されると、事務所側で補てんしきれず問題が大きくなる可能性もあります。また、一度「嘘」や「だんまり」が通ってしまうと、それが癖になってしまうケースもあります。後々の信頼関係にもつながっていくので、最初に腹が割れるか割れないかが意外に重要なんです。

いかに情熱を伝えられるかが鍵 迷いやエゴは見透かされる

作品づくりを軸としてプロデュースしてきた僕にとって、作品を形にしてくれるチームメンバーの存在はとても大事です。

最近、チームを伸ばすために大事なのは「情熱」だなと改めて思います。僕に情熱があれば、それはメンバーに伝わると思いますが、もし僕に自信のなさや強いエゴを感じたり、作品クオリティよりも「形」から入るというような行動をすれば、たとえ相手が中学生であっても伝わってしまいます。

きっと、1年もすれば「あ、この人信用したくない」って感じるのではないでしょうか。

例えば、作品より先にアイドルグループを作るとか、アイドル運営会社をまず先に立ち上げてしまうとか、手段が先になってしまうとブレが生じます。運営側は作品そのものよりも、メンバーのご機嫌伺いとか、指導に時間が取られるようになり、息切れしてしまい、チームとして長続きしないでしょう。

これまでたくさんのアイドルグループを見てきましたが、どうやら時代はおおよそ10年周期で「アイドル」より「アーティスト」になりたいという時代に移り変わりを繰り返しているように思います。

グループ内でも、同じような変化として、衣装が黒くなりがちで、前髪がなくなっていくとか、そんな感じですね。なぜかこうした変化が出てくると、そのチームは結果として散り散りばらばらになっていくんです。だからこそ、メンバーのちょっとした変化を把握し、今どんな状態なのかを理解していくことが肝心なのかもしれません。

有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」では、オリジナルコラムや、ゲストを迎えた対談記事を毎月3本以上更新いたします。是非ご覧ください。この記事の感想はハッシュタグ #つんくnote をつけて、SNSでもどんどんつぶやいてくださいね!

【人気記事】

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

つんく♂
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。