2022年一発目のひそひそ話。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2022年一発目のひそひそ話。

つんく♂
noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読、ありがとうございます。昨年12月、モーニング娘。が久しぶりの単独コンサートを開催。それをきっかけに、つんく♂がプロデューサーとしてコンサートの演出に込めた想いを書き下ろしました。
(文 つんく♂ / 編集 小沢あや(ピース) / イラスト みずしな孝之

昨年末、モーニング娘。が久しぶりの単独コンサートを開催しました。佐藤優樹の卒業公演ではありましたが、コロナ禍以降ずっとできていなかったモーニング娘。としての単独公演は、意義深かったと思います。

思えば、結成当初は5人だった「モーニング娘。」。結成初期の頃、彼女たちのコンサートは生演奏でした。そう言われても今の時代からすると、「生演奏って何?」ってなってるでしょうね(笑)。要するに、バックバンドやオーケストラがその場で演奏し、その音楽にのせて歌う。そういうことです。

当時はアイドルでも演歌歌手でも、ちょっとしたイベントにはマネージャーがカラオケテープを持参して、それをバックに歌ったものです。なので、その逆で「立派なコンサートをする」=「生バンド演奏」が芸能界の常識でした。モーニング娘。がデビューしたのは、まだその感覚が残っていた頃です。

当時のモーニング娘。をプロデュースするにあたって、ここらで大きな壁にぶつかりました。「コンサートの演出規模をどうするか」です。

この続きをみるには

この続き: 3,743文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「スキ」めちゃええやん!
つんく♂
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。