楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」
見出し画像

楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」

これまでに約1900もの楽曲の作詞を手がけてきたつんく♂。プロの歌詞の書き方をテーマとしたコラムを、お届けします。後編は歌詞にとって最も重要な、「耳キャッチ」と「パンチライン」編です。前編はこちら。
(文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之

耳にひっかっけるセンテンス選びがプロの腕の見せ所

前編のコラムで、「多くの人は、歌詞の中身が頭に入っていない」という話をしました。

何かのきっかけがあって、やっと楽曲をしっかり聴くようになります。そのときに大事なのが、「なぜじっくり聴いてみようと思ったか」。やっぱり、昨今は楽曲そのもののフレーバーが自分好みかどうかが大事です。好きなジャンルでないと、スルーします。

で、好きな声や興味あるジャンルの場合、ちょっとひっかかってくる時に大事なのが、メロディラインにのっている、言葉のフレーズです。

広告や看板でいうと、デザイン含めて目をひっかけるような「アイキャッチ」。インパクトある言葉です。曲の場合は、耳をひっかける言葉なのでここでは「耳キャッチ」と称して説明しますね。

画像1

(キャッチコピーを含めた「アイキャッチ」でメッセージが伝わる例です)

この続きをみるには

この続き: 6,259文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」おかわり!笑
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。