つんく♂
モーニング娘。’22 6/8 Sg 「大・人生 Never Been Better!」セルフライナーノーツ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

モーニング娘。’22 6/8 Sg 「大・人生 Never Been Better!」セルフライナーノーツ

つんく♂


久々なのかもしれませんが、俗に「つんく♂ファンク」と呼ばれるジャンルに属する曲かと思います。

 僕はそもそもこのモータウン系のR&Bやダンスナンバーが大好きで、1970年代のディスコミュージックも大好き。
1980年代のユーロビートもたくさん聴き、踊りました。
でも、なんとなく体に染みるのはアース・ウインド・アンド・ファイヤーのあのリズムと生ブラスが絡まる感じが大好きで、今聴いても何度も何度も興奮してしまいます。
 
今回のこの曲は1年くらい前に作って眠らせてあったものです。
 
今回のモーニング娘。の新曲を考えてる途中、最初に「Chu Chu Chu 僕らの未来」が決まって、「さぁもう一曲どんなだろ?」めちゃ悩みました。
 
「Chu Chu Chu 僕らの未来」で随分リズム的にもトリッキーなことはチャレンジしたので、そういう欲求は満たされています。
 
15期が入ってきて、コロナ禍で少々活動が不規則になっていた今、彼女たちにはリズムの基本やスタンダードなダンスナンバーの踊り方をよくよく知ってもらいたい。そう思います。
 
初期〜5期6期あたりまでのモーニング娘。はディスコミュージックを中心にヒットナンバーもたくさんあったし、夏まゆみ先生の得意とするファンキーなステップやリズムを叩き込んでもらったりもしたので、きっと理屈ではわかってないかもしれないけど、クラシックなダンスステップもたくさん教えてもらいました。
なので、それらは過去のシングル曲のフリつけにも組み込まれています。

というようなことを振り返ってる最中、
過去に自分が作っておいたストック曲も振り返ってみました。

お!あるやん!この曲や!
この曲は、今のモーニング娘。に足りない要素がいっぱい詰まってるやん!
そう思って、改めて鈴木俊介氏にアレンジを発注しました。

クラシックなダンスミュージックなんだけど、
でも2022年なやつをお願いします!と。
 
で、実際に仕上がったこの曲は2022年のファンクナンバーなので、リズムもブレイクも1980年代のそれとは全然違う細かさがたくさん詰まってます。

でも、ざくっと聴いていただいたら、そういう細かい部分より、爽やかで心地よい雄大な感じが心に入ってくると思います。(さすが鈴木俊介の本物力!)
 
それがこの曲の持ち味って自負してます。
 
ただ、あとは表現する側がその雄大な感じに飲み込まれず、細かくリズムを表現していかなければ、生ぬるい曲になってしまいます。
 
2022年の課題はこの曲をどう表現するか、そこにモーニング娘。’22の大きなテーマがあるんでしょう。
僕も彼女たちと一緒にこういう曲を心地よく世に送り出せるように日々精進しなきゃいけないなって思っています。
 
歌詞について一番伝えたいことは
「波風が立つ=正々堂々と生きる」ということ。
 
人生、信念のもとにまっすぐ歩いててもいろんな困難にぶつかります。
 
困難にぶつかると自分の信念を曲げてでもすんなり前に進んだ方がいいのかもな。って気が弱くなってしまうこともあります。
 
でも、そんな時も、正々堂々としてるからこそ、反発にも出会うということを知ってほしいなって思って、この歌詞を書きました。
 
そういう時ってなんとなく寂しいもの。
前に向かって前進するけど、何食わぬ顔してるけど、でも、内心はヒヤヒヤしてるし、ちょっとビビってるし、ちょっと怯んでるし。
そんな時ほど、「頑張って!」とか「大丈夫だよ!」
って声かけてもらえると、なんの根拠もなくとも嬉しいものですよね。
 
そういう強気の裏がえしにある人間味をうたっています。
 
ハーフ回の「ちょっぴり寂しいの」のあとのフェイク、北川頑張ってるでしょ! めちゃいいよね〜!
 
ちなみにこの歌詞でも着たい服着ていいよって言ってるし、食べたいもの食べて選んでいいって言ってる。
 
アメリカで生きてると、食べたいもの、欲するものを一瞬でも躊躇すると、GETしそこなうことが多々あります。
 
我が子らもアメリカの学校に行ってますが、アイデンティティは日本人なので、いわゆる「遠慮」してしまって、「あーあ」なんてことが多々あります。
 
瞬間的に「ほしい!」って手を挙げれる人間にならないといけません。欲しい時は欲しいって伝えないと!って逃してしまうものはたくさんあります。
 
日本の学校では先生が出席番号順に当ててくれたりするからねぇ・・・
最近はどうなんだろ?
 
ま、モーニング娘。のメンバーにしてもメンバー内であってもこういう時は先輩後輩関係なく、「はい!」って挙手出来る人たちであってほしいです。
 (まあ、だからと言ってなんでもかんでも奪い合うという意味ではないことはわかってくれてるとは思うけど。笑)
 
芸能界にはアイドルだけでもごまんと人がいるし、芸能人や著名人となったら何人いるかわからない。
そんな中でいい意味目立っていかなきゃいけないわけだし、ゆえに、十数名のモーニング娘。メンバー内で遠慮や躊躇してる場合じゃないぞ!
って話です(笑)。
 
でも意地悪い子にはなっちゃだめだよ!
(それが二番のAメロの歌詞って感じかも)

ということで、
モーニング娘。には、この曲で「パっと明るい2022年」にしてもらいたい!って思ってます!

みんなも思いっきりダンスしてや〜!

====

20220608_大・人生 Never Been Better!_EPCE7683_通常盤B


発売日:2022/06/08
レーベル:zetima
備考【初回生産限定盤SP】モーニング娘。'22「I WISH」を収録。
レコード会社ページはこちら



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」さんきゅ!
つんく♂
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。