つんく♂

総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、…

つんく♂

総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。

メンバーシップに加入する

★月2本以上読むならメンバーシップがお得! ■メンバーシップで出来ること ①有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」(880円/月)に加えて、「掲示板」機能(無料)で、note記事の感想&質問を投稿いただけます。つんく♂さんから「スキ」やレスがもらえるかも。有料マガジンの過去記事もまとめて楽しめます。 ②デジタル会員証が付与されます。

  • スタンダードプラン

    ¥880 / 月

マガジン

  • つんく♂の超プロデューサー視点!

    月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテンツの一部もしくは全文は、後日無料で配信される可能性もあります。ご了承ください。

  • つんく♂のプロデューサー視点。(無料版)

    【無料マガジン】本マガジンでは、オリジナルの無料コラムをアップしていきます。 もっといろいろなコンテンツを読みたいと思われた人は、有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」(880円・月3本以上)を購読ください。

  • セルフライナーノーツ

    【無料マガジン】つんく♂が提供した楽曲のセルフライナーノーツです。

  • 著書『凡人が天才に勝つ方法』序章公開

    つんく♂著『凡人が天才に勝つ方法』の序章本文を無料公開します。 自分の中の「眠れる才能」を見つけ、劇的に伸ばす45の黄金ルールの内、ルール1~5まで全5記事です。

ウィジェット

  • 商品画像

    凡人が天才に勝つ方法: 自分の中の「眠れる才能」を見つけ、劇的に伸ばす45の黄金ルール

    つんく♂
  • 商品画像

    ALL THE SONGS OF つんく♂ (CDジャーナルムック)

  • 商品画像

    ねぇ、ママ?僕のお願い!

    つんく♂
  • 商品画像

    「だから、生きる。」(新潮文庫)

    つんく♂
  • 商品画像

    一番になる人 (サンマーク文庫)

    つんく♂
  • 商品画像

    凡人が天才に勝つ方法: 自分の中の「眠れる才能」を見つけ、劇的に伸ばす45の黄金ルール

    つんく♂
  • 商品画像

    ALL THE SONGS OF つんく♂ (CDジャーナルムック)

  • 商品画像

    ねぇ、ママ?僕のお願い!

    つんく♂
  • 商品画像

    「だから、生きる。」(新潮文庫)

    つんく♂
  • 商品画像

    一番になる人 (サンマーク文庫)

    つんく♂

最近の記事

  • 固定された記事

凡人が、天才に勝つ方法。

はじめまして、どうも、つんく♂です。 作詞・作曲を中心に音楽やエンタメ全般のプロデューサーをやっています。モーニング娘。のプロデュースから始めて、アイドルやアーティストなど、たくさんの作品を生み出してきました。 『リズム天国』などのゲームや、アニメにも関わっています。今は、「つんく♂エンタメ♪サロン」のメンバーで、「中2」をテーマにした映画制作を始めたばかりです。 声の病気をしたので今は歌えませんが、その分、日々の作品作りと、次世代のスターやクリエイターの応援に注力して

    • 50代、やっぱり肌の乾燥が気になります。

      55歳になって半年が経ちました。祖父の還暦を祝ったあのシーンに、僕も手を伸ばせば届きそうなところまで来たわけです。年はとりたくないですが、大病した僕としては人生のマイルストーンにもなるので、日々を大事に刻んでいきたいと考えています。

      • あの頃の音楽シーンで、ウルフルズとシャ乱Qが売れた理由。

        番組としてBSフジテレビなんで、メインの地上波でない分、ハデハデオンエアー! ではなかったかもしれませんがトータス松本との対談番組が放送されました。その分、深掘り出来たかなと。 番組内でも話した通り、シャ乱Qとウルフルズは1988年〜91年あたりまで、大阪でアマチュア時代をお互いに過ごしていたわけですが、僕は彼らの存在を知りませんでした。大阪でも100人くらい動員するバンドはたいていチェックしてたつもりでしたが、きっと当時の彼らと僕らが存在するシーンが違ったんでしょうね。

        有料
        450
        • 僕の音楽人生に革命を起こしたエンジニアとの出会い

          以前、シャ乱Qのデビュー曲「18ヶ月」の話をしましたね。 この後、プロになってから作った2nd シングル「とってもメリーゴーランド」、そして僕の音楽人生を変えたエンジニアさんとの出会いについても振り返ろうと思います。『ASAYAN』でモーニング娘。のレコーディング時に散々映ったあのスタジオの成り立ちも含めてね。 2nd シングル「とってもメリーゴーランド」は、デビューの為に上京した1992年以降に東京で作曲したものです。レコード会社と事務所の人間が集まって、メンバーが作っ

        • 固定された記事

        凡人が、天才に勝つ方法。

        マガジン

        • つんく♂の超プロデューサー視点!
          ¥880 / 月
        • つんく♂のプロデューサー視点。(無料版)
          49本
        • セルフライナーノーツ
          44本
        • 著書『凡人が天才に勝つ方法』序章公開
          5本

        メンバーシップ

        • 【メンバー限定!Juice=Juice座談会 後編サムネイル デザイン 事前アンケート】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【メンバー限定! 公開前サムネイルデザイン アンケート】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 感想&質問 掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 著書「凡人が天才に勝つ方法」に関する感想&質問 掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【メンバー限定!Juice=Juice座談会 後編サムネイル デザイン 事前アンケート】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【メンバー限定! 公開前サムネイルデザイン アンケート】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 感想&質問 掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 著書「凡人が天才に勝つ方法」に関する感想&質問 掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

          大人に付き合うのは大変! って、昔は思っていたけど……。

          お花見や法事の集まり、子ども時代は大変でした。そりゃ僕が小さい頃、50年近く前なので今と比較できないかもしれないけど、どれも小学生にとってなかなか苦痛な時間だったように記憶しています。なぜならなんせ長っ。

          大人に付き合うのは大変! って、昔は思っていたけど……。

          「OWVの器用さは、進化したミニモニ。っぽい」 つんく♂×OWV座談会

          つんく♂へ質問「歌で人の心を震わせるには、何から始めるべき?」つんく♂:では、後半は、つんく♂に聞きたいことを質問してもらいましょう。 中川:以前、BE:FIRSTさんと一緒に仕事をした時に、歌とパフォーマンスに心を打たれて泣けたんです。ステージには理想が100%投影されていて、すばらしかった。歌で人の心を震わせるには、どういうことを意識すればいいのでしょうか。 つんく♂:一撃で「誰が聴いても上手い」って思う領域があるよね。そういう、ある種で超特別な人は除くと、「歌唱力

          「OWVの器用さは、進化したミニモニ。っぽい」 つんく♂×OWV座談会

          OWV、デビューまでの道のりをつんく♂に告白

          OWVの誕生秘話につんく♂「紆余曲折あったんだね」つんく♂:今日は楽しくやりましょう。では、さっそくデビューまでの道のりを聞かせてください。どんな夢を持っていたの? 中川:じゃあ僕から。中川勝就です。昔から芸能界に憧れがありました。でも、大学4回生までは就職も視野に入れて、企業の説明会にも参加していましたね。本格的に就活が始まる直前に「最後の記念受験だ」と東京で俳優事務所のオーディションを受けたら合格して、「アーティストになりたい」という気持ちが強まったんです。でも、結局う

          OWV、デビューまでの道のりをつんく♂に告白

          近畿大学入学式2024年「祝辞」と「ウェルカムパフォーマンス映像」

          つんく♂祝辞近畿大学へ入学された2024年度の新入生の皆様、 並びにご家族、関係者の皆様、本日はまことにおめでとうございます。 近畿大学1991年の卒業生、つんく♂です。 近畿大学の入学式をプロデューサーとして最初にお手伝いさせていただいてから、早11年。 本日お集まりの学生の皆さんはまだ小学生だったのかもしれませんね。 僕は9年前に病気で声を失ったので、音楽の仕事にもいろんな制限がかかりました。それでもなんとかたくさんの方の応援、支えがあってここまでやってこられました。

          近畿大学入学式2024年「祝辞」と「ウェルカムパフォーマンス映像」

          Juice=Juice 5/15 Sg 「おあいこ」セルフライナーノーツ

          ノリノリのグリグリを書こうって思っても なぜかそうならない時ってあるんです。 不思議。 今回も久々のJuice=Juiceってことで、 ファンキーな曲とか、踊れるような曲を書こうって思ったけど、 植村の卒業ってのもあったのか(わからんけど)、 頭の中に美しいメロディーが浮かんでくる。 美しい川があって、 蛍が飛んでる。 そんなイメージ。 やっぱ、植村のメンバーカラーが緑だからかな。 この主人公は、失恋をしました。 もちろん悲しいのかもしれないけど、 でも

          Juice=Juice 5/15 Sg 「おあいこ」セルフライナーノーツ

          Juice=Juiceとつんく♂のスペシャル座談会! 後編

          Juice=Juiceの良さは「オリジナリティ」つんく♂:前編で他のメンバーにも聞いたんだけど、メンバーが思うハロー!プロジェクトにおけるJuice=Juiceの個性を教えてください。 植村:私はオリジナリティだと思います。ライブでのアレンジとか、思い立ったら自由にやってみる自信がある子が多いですね。やらないほうがいいかなっていう自信のなさはないかも。今のJuice=Juiceの好きなところでもあります。 つんく♂:あれ? 君たちの言う「アレンジ」ってどういう意味?? 

          Juice=Juiceとつんく♂のスペシャル座談会! 後編

          続! Juice=Juiceとの座談会を終えて。

          さて、前編に引き続き、後編でも彼女たちとの座談会の感想をお届けしたいと思います。 やっぱり「全員同時に会って話していたら、また違う何かを引き出せたのかなぁ」とも思うけど、今回は少人数でやった分、細かい部分を知ることは出来ました。一長一短ではありますね。 またの機会を楽しみしております! ということで、当日メンバーにも直接伝えた、有澤一華、遠藤彩加里、工藤由愛、入江里咲、植村あかり個人への感想を引用しつつ、その真意について少々話したいと思います。 有澤一華

          続! Juice=Juiceとの座談会を終えて。

          流行を作る東京と、アレンジする地方、そして令和の「ギャル」論。

          TBSテレビの「ラヴィット!」をご覧の方もいらっしゃるかと思います。現在、番組企画で「令和のギャルル(仮)」の制作が進行中です。 「ギャル」という言葉は本来、いろんな意味を持っているのではないかと思います。今となっては語源が何語だったのかって思ったりもしますが、日本語の中で使われている「ギャル」の意味としては、やはり一世を風靡したちょっと日焼けした派手な女の子たちのことをイメージする方が多いでしょう。 おそらく1995年頃のこと。安室奈美恵さんの曲のヒットと共に、アムラー

          流行を作る東京と、アレンジする地方、そして令和の「ギャル」論。

          「水」はやっぱり大事でしょ!

          日本も島国ですが、ハワイの小さな島と比べると、人口や資源含めても全然違うことは明らかですね。 ハワイで暮らし始めると、買い物に出掛けても「あれがない」「高過ぎる」「入荷まで1カ月待ち」なんてものが当然あります。特に困るのは僕の場合、仕事で使う楽器や細かな機器やパーツ類。なかなか手に入りません。 子どもに関しても、学校で使うものを急に「必要」って言われても焦ります。通販で探しつつ、近所の店を1日に何軒も回ることはしょっちゅうですよね。それでもないときは通販で予約して何日も待

          「水」はやっぱり大事でしょ!

          Juice=Juiceとの座談会を終えて。

          Juice=Juiceには初期メンバーはほぼもう居ないので、結成当初、僕が命名した頃とはイメージが180度変わってました。 当然、ハロー!プロジェクト内においてもそうだろうし、世間のアイドルブームの中を生き抜く過程で、力強さや知恵のようなものが、彼女たちなりに進化してったんだろうな〜って思います。強さや勇ましさのようなものを、とても感じましたね。 座談会も2組に分けたけど、本当ならやっぱ全員一緒に出来たらよかったな〜、って思います。まあ人数が多いし、非現実的かもだけど……

          Juice=Juiceとの座談会を終えて。

          Juice=Juiceとつんく♂のスペシャル座談会! 前編

          メンバーのハロプロ歴。古株は10年以上在籍!つんく♂:今日はよろしくお願いします! まずは、ハロー!プロジェクトに関わってからの歴史をそれぞれ教えてください。 井上:私はナイスガールトレイニーとして3年間活動した後にハロー!プロジェクトへ加入。こぶしファクトリーのメンバーとして5年間活動して、その後Juice=Juiceに加入して3年になります。よろしくお願いします。 つんく♂:今何歳? ナイスガールトレイニーの時は、12~13歳くらいの時? 井上:そうですね。当時は小

          Juice=Juiceとつんく♂のスペシャル座談会! 前編

          ハワイの風物詩「ホノルルマラソン」の現場へ!

          小学生の頃、大阪に住んでいました。その当時、ハワイといえば「ドリフターズが参加するホノルルマラソン」だったのを記憶しています。古い記憶で曖昧ですが、おそらく正月番組でした。 ドリフターズのメンバーがホノルルで行われるマラソンに参加して、一緒に走る人とおしゃべりしたり、途中でリタイアしたり。ワーワー言いながらも、なんとなく楽しそうにマラソンをしてる映像が記憶にあります。 お正月番組なので、「きっと年末に収録したんだろうな~」っておぼろげに思ってましたが、ハワイに暮らすように

          ハワイの風物詩「ホノルルマラソン」の現場へ!