アラフォーアイドル輝け!プロジェクト 10月6日 発売「All Together限界超えよ!」ライナーノーツ
見出し画像

アラフォーアイドル輝け!プロジェクト 10月6日 発売「All Together限界超えよ!」ライナーノーツ

これまでもたくさんの楽曲を書いてきましたが、子ども用でもアイドルでも男性歌手が歌うとしても気持ちはいつも同じ。
ノリノリな曲であれ、まったりな曲であれ、バラードであれ、その時のベストをいつも考えます。
子ども用としてぬる〜い曲を書いたりはしません。
今回のアラフォーアイドルへの楽曲も同様、いつモーニング娘。が歌ってもおかしくないような、そんな鋭い曲を作らさせていただきました。

まあ、ダンス的には少々ハードかもしれませんがね・・・(笑)。

Dooon!」という夢を応援するプロジェクトに応募があったことがきっかけです。

Dooon!には楽曲提供やプロデュース依頼はたくさん来ます。
ただ、インディーズアイドルや歌手に曲を書いたりするのは、基本Dooon!の審査を通過しないことが多いんですが、この企画には不思議な夢が詰まってました。日本全国には、40歳以上のアイドル歌手やグループがたくさんいるので、それを応援してほしいというもの。

なんかめちゃ面白いやん!

子育てしながら、仕事しながら、主婦しながら、みんなそれぞれ事情を抱えながら、でも、いつまでも「夢」を持って活動を続けてるって素敵やん!

これは応援したいな!って素直にそう思いました。

彼女たちの夢のゴールは「承認欲求を満たす事」が大きな目的ではあると思うけど、40歳も超えた大人のそれは単なるそれとも違い、少々複雑とは思うし、みんなそれぞれ個人個人少しずつ違うとは思います。

その全ての夢を一気に満たす事は出来ないかもしれないけど、ライブや大きな大会が出来たら素敵だなぁ〜って思ってます。ただ、コロナによって夢へのハードルも1段も2段も高くなってしまいましたね・・・。

そこで、全国に散らばるいろんなグループ(ソロ含む)のみなさんの夢を、わかりやすくするべくアラフォーアイドルを象徴する楽曲を持つことにしたわけです!
全国のアラフォー以上のグループがいつでも歌えるテーマ曲というか、ある種「校歌」みたいな曲を作るのが「一丸」となるな!と。それがこの「All Together限界超えよ!」です。

酸いも甘いもわかった上で、それでも歌を歌いたいという彼女たちの情熱に勝るエナジーはありませんが、彼女たちのエナジーにガソリンを注入するような気持ちで曲を仕上げていった感覚です。

僕が彼女たちに願うのはただ一つ
「自分で限界を決めるんじゃない」ってこと。

「もう無理」「この辺が潮時かな」「これ以上はやったことがない」
みたいな感覚で止めちゃうのは「もったいないんじゃないの!」って思う。

それは僕自身にもそう思う。

「過去にそんなのやった人いないから無理。」
とか
「年齢的にかっこわるいでしょ」
のようなことって、やっぱどっか逃げなわけで、それでは新しい文化は生まれないよな〜って自分にそう言い聞かせながら歌詞を書きました。

中学生くらいの時ってある程度の平均値など、そういう意味の「設定」もないので、ウルトラミラクルみたいなことが起こったりもするでしょうが、ある程度の年齢いっちゃうと「まあ、この辺ですね。私は」というのを知っちゃってるからね。

なので、みなさんが知ってる自分の限界を超えちゃってください!

ファイト!

日本全国にアラフォーアイドルがたくさん存在するのであれば、みんなそれぞれが地元を中心にプロモーションし、さらにこのプロジェクトに参加するグループが増えていけば、日本がどんどん盛り上がっていくし、コロナが落ち着けばイベントや全国大会みたいなこともやりたいよね!

とにかく今はルールなし、限界を作らず、がむしゃらぶつかってほしい!
そう思います。

画像1


テイチクエンタテインメントの「アラフォーアイドル輝け!プロジェクト」特設ページはこちら
http://www.teichiku.co.jp/catalog/imperial/2021/TEI-208.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「スキ」感謝!
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。