モーニング娘。’21 12/8発売シングル「よしよししてほしいの」セルフライナーノーツ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

モーニング娘。’21 12/8発売シングル「よしよししてほしいの」セルフライナーノーツ

15期メンバーが加入し、現状14人のモーニング娘。
昨今、大人数のボーカルグループが多いので世の中の皆様も人数感的に見た感じは慣れっこかもしれませんが、いざレコーディングする立場、仕事する側となるとまあまあ多いなぁと感じる人数です(笑)。


というのも音楽制作において多人数のボーカルユニゾンって、上手に使えば迫力にも、音圧にもなるんですが、逆に言わば、とても歌のうまい人が混じってても、聴いた感じはざっくりした印象になるのも事実。

正直、今のメンバー、歌はそれぞれ上手いんです。

リズムも音程感も声の立ち上がりもみんなよくって、過去のメンバーのようなずっこけちゃうような子はいません。
みんな個性的で上手です。

なので、ユニゾン感を増やせば増やすほど、世間のそこら辺のグループとの差があんまり出せず、「誰が歌っても同じやん」みたいな印象になるので、それはもったいないんです。

特にこの曲は、人数感が出ないように出ないように意識して作品を仕上げていきました。
歌割り的にソロや少人数で歌っています。


僕の作品の場合、たいていは先にメロディが出来上がってから、歌詞を考えます。
この曲はメロディがそこそこ細かいリズムで出来上がっているので、歌詞を複雑なものにすると、歌詞がなかなか頭の中に入ってこない気がしたんです。

とはいえ、やっぱメッセージって必要で、今のモーニング娘。がどんな事を歌うべきなんだろうってまあまあ悩みました。

この曲の歌詞(メッセージ)の元となった2つの根源のお話をさせていただきましょう。

当然、コロナ禍での作品作りです。
世間では誰もが自分の存在意義を問っていました。
ミュージシャンもお笑い芸人もテレビ局のアナウンサーのような立場の人もそうだったと思います。「私ってなんだろう」的な。

会社勤めのビジネスマンや店頭でものを売るおじさん。
旅行代理店や交通機関で勤める方たちもみ〜んな、
「このままでいいのだろうか」

そう思ったでしょう。

もちろん作家である僕も考えます。
「自分の今すべきことはなんだろう」と、

そんな時期、譜久村と対談したり、石田とも話しました。
レコーディング現場では生田や小田や他のメンバーにも会いました。
佐藤とはちょいちょいLINEで話します。

さて、どうでしょう? 彼女たちは決してサボってもいるわけでもなく、常に前向きにどうすべきか考えていました。

「彼女たちの『モーニング娘。』でいるためのモチベーションってなんだろう・・・。」
これが一つ目。


そして、もう一つの根源(テーマ)として「自分と他者」ってのがあります。


コロナ禍ということで、外食時間に制限が持たれたり、友人、知人と食事することにもいろんな規制があります。

これって実はちょっと楽だったりしません?
(勿論、会食に意義があることは承知の上ですが)

振り返ってみて、コロナであろうがなかろうか、クラスの中でも、遠足の時も、「お弁当誰と食べる?」問題も往々にしてあったと思います。

意外と「ひとり」って楽だったりするんですよね〜。
でも、誰かと居なきゃいけない。
なんかハブかれてるみたいでもあるし、誰かを除け者にしてるようでもあるしね。

でも、一人でランチしたいな〜・・・だって、

好きな本読みながら。
好きな動画観ながら。
行ってみたかった店。
大盛りにチャレンジ!
ランチをハシゴ。

などなど、そんな気持ちの時あるよね。

ですが、このご時世で「なるだけ他人と接しないように」ということの本質が浮きぼりになったりもしたように思います。

誰かとランチしながら無駄話でもしてるつもりが、ただただ楽しかったはずの時間だったのに、「え?それなに?」「なんでそんなこと考えてるの?」みたいな説教タイムが始まったりしてね。

「ほら、会話にリズム持たせるつもりで話題提供したら、結果説教かよ〜」みたいなのあるよね。

別の角度から、他者との関係を無難に乗り切る技として有効的なのが「笑顔」です。

アメリカに暮らしてると本当にこの技を使います。
なんせ「拳銃」を誰がどう持ってるかわからない国ですからね。

日本のように見た感じ怖そうな人=悪い

と限らず、普通の主婦でも大学生でも老人でもいつ何時、誰が、敵となるかわからないわけです。

なので、
おそらくそういう防御もいつの間にか身についたのだと思いますが、ハワイで普段生活してても、全く初めてすれ違う人でも、すれ違う時にお互い「ニコ」っとしたり、笑顔で「HI!」と言ってみたり、当たり前のようにします。

これは「俺はお前の敵じゃないからな」ってサインだと思うんです。

話がそれましたが、「笑顔」って、自分の身を安全にする一つの防御だと思うんですよね。

そうやって「笑顔」で防御してるのに、なんだか「本音トークタイム」みたいになって、この雰囲気はなんらか暴露トークみたいなのをしないと乗り越えられないなみたいになって「本音ぶっちゃけ」みたいなのにをやっちゃうと後でドーっと疲れがきちゃう。

そんな感じ。

「ああ、言わなきゃよかった」ってね。

学生時代や売れないバンドマンの時期、気がついたら朝ってことがしょっちゅうでした。

全然眠れない、ああ、孤独だ。
なんで寝れないんだよ〜。昨日あんな話ししたからかなぁ・・・
とかなんとか、悩みが頭をぐるぐるして眠れない。。。
俺だけ孤独だ。世界で俺だけがこんなに辛い・・・みたいなループに入る。

・・・ってか、これ、完全に昼間に寝すぎたのが原因です。
僕も、そんなことわかってました。

「朝になった寝よう」そう思ってても、どんどん時間感覚がなくなっていって、朝日がどんどん登っていってね。
いつの間にか「朝がいつかわからない」状態になってく。

ひどい時期は「笑っていいとも(以前そういう番組が正午からやってました)」が始まったら寝ようって時期もあったよ(笑)。

今日は脱線ばかりですが、コロナで緊急事態宣言の中で、家にこもってると、そんな青春時期を少し思い出して、モーニング娘。のメンバーの心の中をチラっと覗くと、僕に出来ることはやっぱ彼女たちの頑張りを評価してあげることじゃん!みたいに思った結果、生まれてきたのがこの曲というわけです。

なので、ファンのみなさんもぜひ、彼女たちを「よしよし」してあげてください。

通常B_EPCE7658

【商品概要】
モーニング娘。’21  70thシングル

「Teenage Solution/よしよししてほしいの/ビートの惑星」
2021.12.8 ON SALE!!
前作から約1年ぶりとなる2021年第1弾シングルは、通算70枚目の節目となるトリプルA面シングル!
2021年12月13日のコンサートをもって卒業する10期メンバー佐藤優樹にとってのラストシングルとなります!


商品に関して詳しくはこちら




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」おかわり!笑
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。