つんく♂の超プロデューサー視点!

長〜いハワイの夏休み。家族で成長した2021年の夏を振り返って……。

長〜いハワイの夏休み。家族で成長した2021年の夏を振り返って……。

noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。今月も特典として、ハワイの生活情報誌「Lighthouse Hawaii」2021年9月号掲載分を加筆・編集し、購読者限定で公開します。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

スキ
29
「必要なのは、圧倒的に面白くさせる覚悟」つんく♂と映画監督のクリエイター論
+4

「必要なのは、圧倒的に面白くさせる覚悟」つんく♂と映画監督のクリエイター論

つんく♂とタカハタ秀太監督対談後編は、テレビと映画現場の違いや、ものづくりへの思いを監督に伺いました。「低予算でもとにかく作りたい」「先輩に教わったことはすべて疑う」「常に脚本は書いておく」などふたりのクリエイター論が飛び交いました。対談前編はこちら。 (文 羽佐田瑶子 / 編集 小沢あや) タカハタ監督「テレビのバラエティは若い人に作ってほしい」 タカハタ:つんく♂さんの作曲数はどれくらいになったんですか? つんく♂:JASRACの登録作品数で言うたら、1950曲くら

スキ
42
有料
450
つんく♂と映画監督タカハタ秀太が振り返る、モーニング娘。誕生前夜。
+3

つんく♂と映画監督タカハタ秀太が振り返る、モーニング娘。誕生前夜。

noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、対談企画第11回目ゲストは映画『鳩の撃退法』が公開中の映画監督、タカハタ秀太監督です。『ASAYAN』や『つんくタウン』のディレクターをつとめ、モーニング娘。「LOVEマシーン」や太陽とシスコムーン全曲のMVを手がけるなど、共に全盛期を駆け抜けてきた盟友です。前編は、タカハタ監督の近況から懐かしい『ASAYAN』時代の話までたっぷり伺いました。 (文 羽佐田瑶子 / 編集 小沢あや) 初対面は25年前の「ASAYAN」。

スキ
71
有料
450
2021年9月のひそひそ話。

2021年9月のひそひそ話。

noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読、ありがとうございます。今月も書き下ろしコラム「9月のひそひそ話。」をお届けします。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

スキ
96