マガジンのカバー画像

つんく♂の超プロデューサー視点!

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテンツの一部もしくは全文は、後日無料で配信… もっと読む
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方が… もっと詳しく
¥880 / 月
運営しているクリエイター

#日記

「自信曲ほど聴かれない」悩める人気ボカロPに、つんく♂が徹底解説!

ボカロP・ピノキオピーさんの対談企画・後編は、つんく♂流の歌詞の世界の作り方をつんく♂自ら徹底解説。今、ピノキオピーさんが抱える深い悩みにも、真摯にお答えします。対談前編はこちら。 (文 田口俊輔 / 編集 小沢あや) Berryz工房10周年曲に込めた“ガチの感謝”ピノキオピー:つんく♂さんは絶対に明るいような曲でも一貫して「現実にあること」を歌詞に盛り込みますよね。そこが大好きで面白いなぁと。 ピノキオピー:例えば「ハッピーサマーウェディング」は2番に「学生の頃恋した

スキ
160

「誰かのため」より「自分のため」でいいーー僕なりの、生きる意味。

ヘルスケア課題に対して中高大学生・高専生と一緒に解決を目指す「inochi WAKAZOプロジェクト」。つんく♂が当イベントに寄せた「生きる意味」をテーマにしたメッセージをnoteマガジン購読者様向けに編集・加筆し、特別公開いたします。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

スキ
132