つんく♂の超プロデューサー視点!

なぜ、毎日がつまらないのか? 自分を幸せへ導く方法

なぜ、毎日がつまらないのか? 自分を幸せへ導く方法

「自粛疲れ」がトレンド入りするなど、窮屈な生活にうんざりしている方も多いのではないでしょうか。今回は、つんく♂が中高生時代を振り返りながら、制約の中で楽しみを見つける方法を綴ったコラムをお届けします。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) 日本では2度目の緊急事態宣言が出ました。 あれこれ、縛りもあります。家族であっても、一緒にいる時間が長くなると、些細なことでも喧嘩にもなるでしょう。学生たちも、運動不足も含めて、ストレスを感じていると思います

159
2021年1月のひそひそ話

2021年1月のひそひそ話

「つんく♂の超プロデューサー視点!」をご覧いただき、ありがとうございます。マガジンご購読の方向けのおまけ的記事として、つんく♂のひそひそ話を更新。新体制となったJuice=Juiceのメンバーひとりひとりに向けたコメントをお届けします。新曲を手がけたBOYS AND MEN、Task have Funへのエールや、「シングルベッド」を歌ってくれた夏焼雅・鈴木愛理へのメッセージ等、盛りだくさんです。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) 2021年

290
楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」

楽曲において最も大事なのは「耳キャッチ」と「パンチライン」

これまでに約1900もの楽曲の作詞を手がけてきたつんく♂。プロの歌詞の書き方をテーマとしたコラムを、お届けします。後編は歌詞にとって最も重要な、「耳キャッチ」と「パンチライン」編です。前編はこちら。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) 耳にひっかっけるセンテンス選びがプロの腕の見せ所 前編のコラムで、「多くの人は、歌詞の中身が頭に入っていない」という話をしました。 何かのきっかけがあって、やっと楽曲をしっかり聴くようになります。そのときに大

188
2020年12月のひそひそ話ー1年間MVPは西野、「超佐藤」論、宮本佳林と生配信

2020年12月のひそひそ話ー1年間MVPは西野、「超佐藤」論、宮本佳林と生配信

「つんく♂の超プロデューサー視点!」をご覧いただき、ありがとうございます。マガジンご購読の方向けのおまけ記事として、つんく♂のひそひそ話を更新。コロナ禍で変わったメディアや芸能界の構造と、佐藤優樹さんの進化についてなどなどを綴ります。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) 2020年も終了ですね。本当にあっという間の1年でした。充実感があったのか、なかったのか……。みなさんにとっては、どうですか? 今日はひそひそと、 MVPは西野亮廣だという話

258
2020年11月のひそひそ話

2020年11月のひそひそ話

「つんく♂の超プロデューサー視点!」をご覧いただき、ありがとうございます。マガジンご購読の方向けのおまけ記事として、つんく♂のひそひそ話を更新。新曲を手がけたBOYS AND MENへのエールや、モーニング娘。'20メンバーひとりひとりに向けたコメントもお送りします。 (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之) ということで、11月から本格的に始まったnoteでのコラム。気がつけば今月は無料記事を含めて、10本以上も更新していました。

579