2021年10月のひそひそ話。
見出し画像

2021年10月のひそひそ話。

noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読、ありがとうございます。今月も書き下ろしコラム「10月のひそひそ話。」をお届けします。
(文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之

早いもんで10月ですな。今月は俺の53歳の誕生日があるやん!

そして、僕の会社TNXが誕生して早15年が過ぎ、16年目に突入ということで!

なので、記念しましてつんく♂サロンの方ではこの10月期にオンラインサロンメンバーとして在籍してる希望者全員にTNX社の記念トートバックをプレセント(全プレ!)させていただきます!

詳しくは、コチラ

と、個人的な話から失礼させていただきつつ。速報としても書きましたが、佐藤優樹が12月13日の武道館公演で卒業ということで。「あいつの勝負は22歳から」と話していたように、本当にここからの勝負となりましたね。

どのメンバーに対しても、こう思います。「彼女たちにとって大事なこと。」を。

それは、まず「モーニング娘。に入るということ」。そして、そこから「モーニング娘。として在籍することへのプライド」。そして何より大切なのは本人がその先の自分の人生をどう生きていくか、という意味での「卒業後の自分の生き方」。

では、この3つを詳しく紐解いていきます。

この続きをみるには

この続き: 3,087文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」ありがとうございます!
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。