見出し画像

「誰かのため」より「自分のため」でいいーー僕なりの、生きる意味。

ヘルスケア課題に対して中高大学生・高専生と一緒に解決を目指す「inochi WAKAZOプロジェクト」。つんく♂が当イベントに寄せた「生きる意味」をテーマにしたメッセージをnoteマガジン購読者様向けに編集・加筆し、特別公開いたします。
(文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

この続きをみるには

この続き: 2,620文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購入すると月3本以上の記事をお楽しみいただけます。月2本以上読むなら、定期購読の方がお得です。

月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」さんきゅ!
126
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。