見出し画像

つんく♂のボイメン個別診断!? BOYS AND MENへの熱いメッセージ

2021年1月27日発売のBOYS AND MEN(ボイメン)デビュー10周年記念アルバム「BOYMEN the Universe」のリード曲のプロデュースを手がけたつんく♂さん。ボイメンメンバーに向けた、個別メッセージを公開します。
(文 つんく♂ / 編集 小沢あや


名古屋発の男性エンターテイメントグループBOYS AND MEN、通称「ボイメン」。

2021年1月27日発売のデビュー10周年記念アルバム「BOYMEN the Universe」のリード曲「どえりゃあJUMP!」をプロデュースするということで、アルバムジャケットのコンセプトから衣装、「どえりゃあJUMP!」のダンスやMV含めて、総合プロデュースさせていただきました。(楽曲のセルフライナーノーツはこちら

彼らのプロデュースをするにあたり、メンバーのことを少しでも理解するために、僕の代理のアシスタントプロデューサーとボイメンメンバー個別で面談をさせてもらったんです。今、改めて数ヶ月前のVTRを見返して思いました。「たった数ヶ月の間に、みんなめちゃ男らしくなったなあ〜」って。


僕自身を振り返ってみても、男性って25〜30代前半あたりが一番力みなぎってる時期かもしれないなぁって思うんです。当時の僕もまあ、まだまだ子どもだったけど、「もう俺は十分大人だ」って、思ってたからね。ちょうど「シャ乱Qの演歌の花道」を撮って、モーニング娘。のプロデュースが始まったあたりかな? しみじみ〜。

2021年、ボイメンをいろんな全国区のテレビ番組で見られるようになると期待してます。

というのも、ティーンの間にパッと出て売れた子らじゃないし、何かと応用がきく。そして、ある程度大人になってから歌手(タレント)を始めたから、ある程度世間を知ってるので、コメントも頷ける。売れない時期の悔しさも体験してるので、同性からも共感されやすい。「名古屋」のローカル感も、実はだいぶん目新しい。

そしてビジュアルも良いので、主婦層も納得して見ていられる。K-POPアイドルのようなシュッと洗練された感じじゃないけど、人間味を感じるっちゅうかね。なんちゅうても、熱い。

もし僕がテレビ局の人間なら、

名古屋からの目線。(東京見るにしても大阪見るにしても)
お笑い芸人じゃない目線。(これ結構今のご時世貴重です)
単に若いイケメンアイドルではない、大人イケメン目線。(うん)
苦労人の目線。(庶民的な感想とかね)

などなど、キャストの中にひと枠、ボイメンを朝や昼のワイド番組に入れてくなぁ〜! って考えちゃいますね。

ただ、彼らを芸人のごとく、川に飛び込ませたり、熱湯風呂リアクションとかさせるのは「絵的にもそれなりに面白いけど、そういうんじゃないんだよなぁ〜」とは思う。

オファーがあったら、メンバーらも「やります!」ってなりそうなところが怖いけど(笑)。その辺は音楽ありきってことを忘れず進んで行ければ、大きく踏み外さないと思います(僕も昔、バラエティを結構こなしちゃったので反省点と良かった面を踏まえてのコメントね)。

と、いうことで個別に、メンバーへのメッセージを送ります!

リーダー 水野勝へ

画像1

「秘密のケンミンSHOW」でのコメント見て思ったけど、滑舌がいいのが超好印象。言うべきコメントが本当によくまとまっていて、視聴者としてもめちゃ気持ちよかった。

僕の若い頃を振り返ると、「売れちゃった」というのもあって、なんでもかんでも勢いトークしてることも多かったし、雑だった。忙しさからの寝不足で、トークもしょっちゅう噛んでた。水野みたいに落ち着いて、しっかり話せてるのは本当に素直に「ええやん!」って感じたので、Twitterでもつぶやいたわけです。

ひとつアドバイスしておくと、今はいいけど、この先、注目されるようになるほど「ええこと言わなきゃ!」と、優等生になってしまいがちになるので気をつけてね!

田村侑久へ

画像2

可愛いよね。小学生のクラスにいたらウザいかもしれないけど(笑)、大人になってこんなに元気でいてくれるヤツが身の回りにいたら、「田村、飲みに行こうぜ!」って、毎回絶対誘いたくなる。このポジション、グループとしてはとても重要です。

95%テンション高い状態でいつつ、時折5%くらいはさりげに真剣な話をするようになれば、さらに「お前、ええヤツやん!」ってなるわな。まあ、今のおちゃらけ感は照れ&緊張隠しってのもあるだろうけど。

名古屋の駅前で、いっつもビラを配ってるっての、本当にステキ。僕もアマチュア時代、ビラまき中心にファンを増やしてったという自負もあるので、こういう「コツコツ」に命かけれるヤツって、少々ちゃらけててもなんか好き。

結果、ウザ可愛くてGOOD!

辻本達規へ

画像3

辻本は、目に付く顔よねぇ。濃いんかなぁ。時代劇が似合う昭和の男前感があるし、頼りがいがあるのよね〜。

さっき「熱湯風呂リアクションみたいな仕事はどうだろうか」って話をしたとこやけど、彼が出演してた、激辛を食べる番組でのリアクションやトークはボイメンの好印象に繋がってたので、すごく良かったと思う。たしか食べ切れてなかったけど(笑)。見てて、微笑ましかったな。

ちなみに「どえりゃあJUMP!」の最後のサビの「愛してるぜ〜」を辻本テイクでも試したけど、魚屋の大将みたいになったので諦めました。マネージャーに「なぜですかね?」って聞かれたけど、「なんか違うねんもん」としかいいようがなかったわ(笑)。その分、頭の「Can’t stop!」は辻本の声でエフェクトしておきました。

小林豊へ

画像4

現在31歳と思ったら、フレッシュやし、かわいい男前よね。僕にはこういう要素がなかったので、羨ましいなぁって思う。

歌も安定してて、ところどころポイントとして彼の声が曲をデコレーション的に盛り上げてくれる。

ちなみに、料理やお菓子作りも出来ちゃうということで、今後もお茶の間的に重宝される可能性は高い分、「一緒にお菓子屋さんしない!?」みたいに、それらしい顔したおじさんが近づいてくるかもしれないけど、当面は脇目を振らず、本道で突き抜けてほしいです。

本田剛文へ

画像5

同じ中学にこの子がいたら、超ライバルというか……。ドラえもんでいうと、出木杉くんとスネ夫を足したみたいな子なんです。

イケメンで育ちもよく、先日対談をした時もMCをしっかり回せてたし、横からいちびって飛び出してくる他のメンバーに対しても、はなから制するのでなく、ある程度様子を見てから「はいはい」と上手に軌道修正していて「へ〜」って思ったね。

老舗料亭のせがれの余裕なのか、ちょっとわかんないけど、粋なセンスを感じたね。

ぜひエンタメで成功してほしいし、成功した結果、ビジネスとして、実家の事業を引き継ぐこともありかなぁ? とか無責任なことは言わないでおきましょう(笑)。

勇翔へ

画像6

ボイメンの伸び代の一人。彼が大きく跳ねると、ボイメン全体がグググっと成長するみたいなね。めっちゃ楽しみです。モーニング娘。でいうところの保田圭的な? 今、モーニング娘。OGで一番テレビに出てるのって、保田じゃない?

そういうポジションを確保するためにも、アドバイス! 例えば、思い切って髪型をシルバーのツンツンにしてしまうとか、顔カタチがよいのを活かして、美しさをアップグレードさせると、いきなり人生かわるかもしれない。

面談の時のエピソードトーク、実はきちんと自分のことが話せるので、堂々と胸はって話すようになれば、もっともっと個性が伸びると思います。

平松賢人へ

画像7

初期メンなのに一番若手。可愛いね。ダンスの盛り上げ担当をやってるのに今回怪我しちゃったので、そこが悔しいところですね。でもMVにもジャケットにも参加できたし、現状はライブやツアーにも参加してるので、良かったです。怪我の功名となるように、今を活かしてほしいですね。

面談で、「ダンスが自分の強み」と言ってましたが、歌もいいよ。歌声も素直で、ピッチやリズムも安定してる。レコーディングする側としては、とても重要キャラです。

若いとはいえ、男として十分脂が乗ってるので遠慮せず、攻めてほしいです。

吉原雅斗へ

画像8

今回レコーディングにおいて、「Come on!」とか「Everybody Jump!」とかの煽りを担当する場面が多かったですが、レコーディング後の声を聞いた時、俺の頭の中のイメージとは違って、思った以上にガテン系の声でびっくり。もっと爽やかなをイメージしてたから(笑)。ただ、このギャップはインパクトになるなって思って、そのまま採用しました。

歌の素質的にも、かなり良いものを持ってる。リズムをキープするためにも、声の出し方を勉強すれば、ソロでもいろんな歌がチャレンジ出来るようになります。

今は、「上手い」という気持ちが勝っていて、声が音になってから、耳に聞こえてくるまでの時間が長いです。声の立ち上がりをもっと鋭くしないと、「歌上手そうな兄ちゃん」止まりになります。とはいえグループ内「愛してるぜ〜」コンテストでは見事つんく♂賞を受賞! 雰囲気ばっちりです。

ちなみに、写真を撮る時、横顔が多かったので、もっと自信を持って、正面メインで勝負してける男だと思ってます。期待!

土田拓海へ

ボイメンは9名ということで、最後に土田。

今回は土田には会えなかったけど、思えば青春なんて無責任なもんでね……。その場に居ると、人と比べたり、周りを気にしちゃう。けど、50歳すぎて昔を振り返ると、受験や就職なんかも、「なんであんなに必死になってたんかなぁ?」って思う。

人生はなんぼでも軌道修正出来るし、なんだったらそっから上がってった方が、よっぽど後が面白い。

ちょっと前にモーニング娘。に関するインタビューで犬ぞりの話をしたけど、誰かがなんとかして、また今度違う誰かがなんとかするからこそ、グループの存在意義があるって思うんよね。ま、今度一回名古屋で飲もうぜ。

(この記事、気に入ったらスキを押してください! 感想待ってます!)

12月11日(金)21時から、BOYS AND MEN より、水野勝さん、辻本達規さんをスペシャルゲストに、オンラインサロン生配信を行います。
つんく♂も「根掘り葉掘り聞き出すぜ!」と張り切っています。
ぜひ、みなさんもご参加ください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」おかわり!笑
1,164
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。