見出し画像

モーニング娘。’20 12/16Sg 「純情エビデンス」 セルフライナーノーツ

2020年の芸能界とモーニング娘。 

モーニング娘。が歴史を刻めば刻むほど彼女たちが背負うものが大きくなって行きます。
  
先輩たちがたくさん残してきた功績があるので、どうしても重くなるんですね。
  
今年はコロナでほぼ1年終わってしまいそうで、エンタメ業界にとっても、それはそれは大変な期間となっています。
もちろん同じエンタメ界においても、このコロナ禍だからこそ業績を上げた会社もありますし、今年にヒットが無かったかというと、そうではない。

逆に過去にないような実績を残した人もたくさんいます。
YouTubeの世界やサブスク動画の世界も一気に広がりましたね。
なので、全てをコロナのせいにするのは単なる言い訳にすぎなくなってしまうとそう思います。

純情エビデンスセルフライナーノーツ


さて、前置きが長くなりましたが、先日テレビでも披露した「純情エビデンス」に関してのセルフライナーノーツでございます。
  
僕の記憶の中では歌詞も曲も2020年の2月〜3月頭に仕上げたものです。
もちろんそこからアレンジャーに発注し、ボーカルのレコーディングに入るのは非常事態宣言の解除後という流れというのを先に書いておきましょう。
  
振り返って、モーニング娘。を結成し、モーニング娘。の成長は同じように僕の成長でもあり、彼女たちの進化はそれは僕の進化でもあるわけで、常に同じようにここまで共栄出来たことに感謝しています。

そしてそれは、今も音楽を作るに関して、同じ気持ちで接しています。
  
なので、現状、オーディションには携わってませんが、どんなメンバーが入ってくるかな?
みんなが刺激をしあえる仲間であればいいなぁ、って思っていつもみています。
  
最近も新メンバーが加わって、チラッとみた限り、とてもリフレッシュするにふさわしい子たちが入ったなって思ってみておりました。
  
そんな中、レコーディングをすませ、編集された歌声を聞きました。
9期10期11期がとにかく安定してきていて、とにかくレベルが高い。
そう思います。
  
12期も精神的にはもうお姉さん組だと思うし、後輩が増えて引き締まってきたんでしょう。
安定感があります。


ここからの指針


さて、ここから先は向上心です。
後輩ばっかりを見ていて(かまっていて)はダメですね。
  
チーム内の向上は各々が各々のスキルを上げる。
そうやってボトムアップするしかありません。
  
各々が、周りの日本のアイドルやK-POP勢(もちろん洋楽含め)をよく研究して、自分がどの水準まで登れば良いか、そこがとても重要な時期に差し掛かってきました。
  
こまかいリズムや表情、指先まで使ったパフォーマンス。
これをメンバーからマネージメント、ダンス指導するサイドもみんな一丸となって戦わなければいけないでしょう。
  
モーニング娘。の難しさは、同じ時期に同じ力量以上のメンツで作ったグループではないので、新メンバーが入るたびに、パフォーマンス力という意味においては減速してしまいます。
  
しかし、その分、訓練や気持ちだけでは絶対に買えない(育てられない)リフレッシュというか「鮮度」を得ます。
  
この鮮度によって、たんにハイクオリティ合戦をし続けるというコースからコースアウトすることが出来、常に新人のような感覚でブランド力を維持しながらやってきました。
  
とはいえ、新人たちは先輩に追いつくために必死でやって、全体のスキルがあがっていくわけです。
  
で、この後輩たちもこれからは先輩を見るのではなく、先輩のその向こうにある、他のグループや世界で活躍するスターの水準をみていかないといけません。
グループ全体のスキルアップも後輩が先輩の力量を頂点に考えて訓練していても、先輩以上にはならないということになります。
  
現状、レコーディングにおいて、新人たちもなかなかの水準を維持していて、過去の新人たちに比べて、目も耳も肥えているからか、その歌声は安心して聞けるなと思って聞いてました。
  
最近入ったメンバーの詳しいことを知らないので、レコーディング現場も立ち会っていこうかなぁって思っている矢先の今年だったので、偶然でない限り、直接会ったりすることもなかったんですが、今後は少しずつ僕のやっているオンラインサロンなんででも、少人数での対談等を行っていって、「ひととなり」がわかっていけたら、作品にも反映できると考えています。

テレビパフォーマンスにおける最近のモーニング娘。


で、こないだテレビ東京の番組でこの曲をパフォーマンスした動画も見ました。
まだライブ会場でのパフォーマンスもやってないだろうし、全てが体に染み込んでいるわけではないだろうから、頭で考えながらのパフォーマンスではあったと思います。
  
それでも衣装もとても素晴らしく、老舗ブランドの貫禄というようなものを十分に感じました。
  
振り付けも匠なフォーメーションで、非常によく出来た完成度だったように思います。


唯一無二のJ-POPグループになる

今後の課題として、個々のスキルはさっきも言ったように、各々が世界を見回して自分の水準をあげていくことが第一目標なんですが、グループとしては僕も同じく、J-POPとしての唯一無二感をどう表現するか。
これは一番の目標です。
  
やはりお国柄含めた個性がなければ十把一絡げになってしまいます。
  
誰でもいいやん。
どれでもいいやん。
雰囲気ええ感じやん。
  
ではダメです。
   
僕もその辺を意識して、今後のモーニング娘。の曲作りをしていくべきだと、この彼女たちのパフォーマンスを見て再確認しました。
  
ということは、彼女たちのパフォーマンスも同じく、J-POPたるその良さを表現していかなければなりません。
  
今の彼女たちから感じたものの一つに、全体として「今までよりうまく」「世間の中で負けないように」「先輩(OG含め)に叱られないように。迷惑かけないように」のような、伝統ある高校の部活動のような緊迫感、切迫感のようなものを感じてしまいました。

ちゃう! そんなん背負う必要ないやん!  
この曲の歌詞を書いた時は、そういう意味で書いたのでもなく、僕も含めて、
過去からの脱却、次のステージへのステップアップ。
本当に今変わって、進まなければ縮小の一途だな。
ってそう思っていた時期でした。

いえ、僕自身が変化を遂げなければいけない時期だったのです。


メンバーよキラキラせよ!

コロナ禍の中で夏を越え、今後、少しずつだけど、有観客の中でもパフォーマンスしていくだろう局面で、ファンのみなさんも本当に望んでるのは、
メンバー達それぞれが本当にキラキラし、時代を引っ張って行ってくれるようなそんな自信からくるパフォーマンスじゃないかなとそう思います。
  
なので、メンバーは今こそ、過去を捨て、新人、先輩の不必要な気配り、気遣いを無くし、誰もがセンターに立っているような意識でパフォーマンスをしてくべきなんだろうなってそう思いました。(悪目立ちじゃないよ〜)

こないだのテレビでのパフォーマンスは初披露という緊張以上のガチっと硬い表情や動きを感じてしまいました。
それは、スタッフやマネージャーの分も含め、いろんな意味でブランドを背負ってしまった重圧のようなそんな重さを感じてしまいました。
  
そんな心配をせず、もっとのびのびと、各期ごとの個性がテレビから、ライブから感じられるようになれば、たくさんのみなさんが勇気をもらうし、結果、応援したくなるんじゃないかなってそう思います。


15期が9期のように踊ることはナンセンス


15 期が9期のように踊ろうとすることがナンセンスだし、環境もそんな空気を出してしまうとギクシャクしか起こらないと思うんです。

今後のライブや振り付けそのものの考え方として、9期10期の入ってきたあの頃のダンスフォーメーションやパフォーマンスを意識して作ってしまっても、きっと勝てない。
そのイメージには近づかないって思います。
追いかけてはいけません。
13期以降の新人たちの個性が世に響き始めた時、(僕的には12期あたりまではオーディションで見てたので)モーニング娘。は新しくなるでしょう。
誰かがそれを止めてしまっているのであれば、(それだめ、それはモーニング娘。らしくない、まだ早い、みたいなこと)技術的なうまさはうまくなってくでしょうが、本質的には何も変化しない。

 
純情エビデンスの歌詞について

この歌詞に出てくる「純情」とは「新鮮味」「ピュアな心」という意味でもあって。

無心にモーニング娘。に入りたい!
歌手になりたい!
有名になりたい!
というような気持ちで飛び込んできたあの気持ち、つまり「純情」は今も持っているわという宣言なのです。

「純情」のエビデンス(根拠)を掲げるわ。
信じられないならどうぞ、検証してみてください。
ここまで言い切る私は生意気でなかなかいいでしょ!?
可愛いでしょ!?好きでしょ!?

とこういうことを叫んでいます。

自分のこの「信念」は家族の中でも一番近い「妹」にすらまだ話していない。
(きっと普通なら親にもいえない秘密なんかも妹やお姉さんには話してるんだろうけど)
それくらいの自分の中の最新トピックなわけです。

人が心配してるような悩みのレベルじゃない。
普通の女の子にとって重要な悩み、ニキビとか見栄え体裁みたいな、そんなことを飛び越えて、
私はもう次のところにいるの。
って。

僕もこの彼女たちの「純情」の「エビデンス」をもとに今一度初心に帰って、

モーニング娘。たる唯一無二を考えなければと思っています。


モーニング娘。はこれからが面白い

あたまからずらずらと書いてきた今のモーニング娘。の課題、そして僕の指針も、この歌詞を改めて読み直して思うに、2020年の新年あたりにはそう固まっていたわけですから、
人生に「遅い」はないわけですし、今からガンガン成長&進化を遂げていきたいとそう思います!
これがこの曲そのもののメッセージなんだ!と、

だから結論!
モーニング娘。はこれからが面白い!

このセルフライナーノーツを描きながら、そして、こないだ譜久村との対談も終えた今、思うことでした。

ぜひ!#つんくnote  #つんく視点 をつけて、感想をつぶやいてください(うれしかったら、僕もRTします!)。それでは、また!


有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」では、オリジナルコラムや、ゲストを迎えた対談記事を毎月3本以上更新いたします。是非ご覧ください。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。テンションあがってます! クリエーターは、やっぱ評価されたいもんです。Twitterとかで感想を呟いてくれると、さらに嬉しいです! その時は「#つんくnote」をつけていただけると、もっとテンションあがります!

「すき」おかわり!笑
1558
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。

こちらでもピックアップされています

セルフライナーノーツ
セルフライナーノーツ
  • 8本

【無料マガジン】つんく♂が提供した楽曲のセルフライナーノーツです。

コメント (3)
生々しい記事で楽しめました。これをドキュメンタリー映画にしたら、面白いだろうなぁなどと思ってみたりして。
ちなみに私、つんくの日生まれです(笑)。
亡くなった主人が大好きでしたね、娘っ子。中澤さんのリーダー時代が部活動みたいで、なんか安心してみていられたような・・。それでは、だめなんですね。でも、メンバーが、飲酒運転とか、社会的規範に反することをしてはだめだと思いますので、部活動のような面もきっちり、守られたほうがいいかと思われます。「モーニング・・with c。(covid)」でも、「・・withコロナ。」でもいいです、あの頃が「モーニング、モーニングコーヒー飲みましょう!」の時代が一番初々しくてよかったなあと・・。つんくさんが、名古屋栄の大通りの公園で、シャ乱Q時代なのか、メジャーデビュー前の演奏風景を、あの近くのモニュメントの掃除しながら、主人が、見てたとか・・。本当の話です。
ダイキライ、ダイキライ、ダイキライ、大好き♥
はじめまして、つんくさんが、作詞をする
時ですが、頭の中でイメージが、できた時に描くのですか?勿論何度も書き直してだと思いますが、シャ乱Qのまことさんは、どこかドライブとか旅行に行った時にメモ書きをしているのですか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。