見出し画像

TV アニメ「アイ★チュウ」劇中歌「一番星の歌〜未来のレジェンド伝説〜」セルフライナーノーツ



今回の僕のお仕事は、アニメの中の挿入歌の依頼なんだけどね。
うん、よくあることでしょ!?

でも、めちゃ不思議な感覚なんだ。
なんとこの曲はアニメ番組の中の「アイドル事務所」のオーディションの課題曲なんだよ。

なんか頭の中、ぐるぐるしない!?

え?どういうこと!?って。

番組の中ではすでにある曲として、オーディションで「駆け出し新人」たちが歌うけど、その曲が「駆け出し新人」として奮闘する彼ら自身の「応援歌」としても成立するような、そんな曲をお願いします!

ほうほう、なるほど・・え〜っとちょっと待ってね。頭を整理するから・・・
え?まだあるの。

でもってさらに、実際にコンサートをしたとしても(これがまたアニメの中でもそうだし、声優さんたちがリアルでコンサートしたとしても)、ファンのみなさんと一緒にコンサートの一番いい場面で、グググっと青春が込み上げてきて大合唱となるような、そんな曲をお願いしたいんです!!

・・・と、なんだ!?なんて!?なんて?!

この一休さんでも解けないような「とんち問答」のような曲のオーダーは!!!


よし!やりましょ!
袖まくりまくりで行きましょ!
とことんやりましょ!

ってなことで、前回のようなノリノリ曲ではなく、青春の名場面に似合うような、昭和の金八先生なら「贈る言葉」なんだろうけど、令和のアイチュウはちょっと違う。「あたたかさと強いメッセージ」をイメージして作りました。

僕にもアマチュア時代があって、プロになってく過程があって、そんな時期って苦労もあったけど、今から考えたら単に楽しかった思い出でしかない。
「苦労した」ってことは覚えてるけど、思い出したからといって、決して心が辛くなるわけでなく、「あったよね〜」としかならないわけです。

この曲を歌う彼たちも、今もすでにこの気持ちがわかる人もいるかもしれないし、まだまだリアルにまだ駆け出しで、日々「大変だなぁ〜」「辛いなぁ〜」「腹減ったなぁ〜」って思ってる人もいるかもしれない。
でも、この曲の歌詞のごとく、「信じてきたから今日がある。」今日まで来た自分の人生に誇りを感じてほしいなぁ〜ってそう思ってます。

ちなみに、歌詞の出だしですが、自分たちがこれまで頑張ってきた努力は単なる影の努力でなく、ちゃんとお星様は見ててくれたんだよ!
と、そんなメッセージですが、もちろん「お星様」はファンのみなさんのこと!

サビではファンのみなさんで「一番光ってるあの星」を指さすようなそんな振り付けで、会場全体が一体となるような、そんなイメージをして歌詞を書きました。

2020年はコロナによって自由にコンサートが出来なくなってしまいましたが、心は一丸。

みんなで一緒にこの困難を乗り越えていきたいですね。

オンエアが本当に楽しみです!


====

アニメ『アイ★チュウ』_キービジュアルのコピー

2021年1月6日より毎週水曜23時〜TOKYO MXにて放送
TV アニメ「アイ★チュウ」情報はこちら!


有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」では、オリジナルコラムや、ゲストを迎えた対談記事を毎月3本以上更新いたします。是非ご覧ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

「すき」さんきゅ!
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。