モーニング娘。’20 12月16 日発売Sg 「ギューされたいだけなのに」 セルフライナーノーツ
見出し画像

モーニング娘。’20 12月16 日発売Sg 「ギューされたいだけなのに」 セルフライナーノーツ

結局、僕たちも生きていて「○○○だけしてくれたらOKす」とか「見返りなしでこれだけお願いします」とか。 口にもするし、言われもする。 

ワラにもすがる思いで、心からの、「最低限お願いしたいこと」という気持ち。それにもウソはないと思います。  

でも、不思議と人間には、その奥にそれとおんなじくらいか、それ以上の希望や期待があるような気がします。 なんというか、「もっと褒めて」とか「出来るならこれもプラスで」とか。 そう思ってるのが人間の本音と言いますか・・・ 

 「あわよくば」ってやつですね。 

だって本当にそれだけ欲しい時は、「それだけお願いします」って思わないでしょ? 

モーニング娘。は歌を歌っていくことがグループのベースではあります。「歌えるだけ」ありがたいわけですが、「歌える」ことが当たり前ならば、 

もっとこれしたい。 
もっとこれ欲しい。 
もっと!もっと!  

これは承認欲求含めて、ステージに立ちたいものの本能といいますか。そういう気持ちがあるから普段努力出来るわけです。  

美味しいアイスを半分だけにする。 あと10分ウォーキングしてみる。 土日はもちろん、年末年始もお仕事。 頑張れちゃうわけですね。 

その奥には、頑張ってるんだから、「歌」の次には、 

だったら、こんな衣装がいい! 

こんなところでロケしたい! 

こんな食べ物が食べたい! 

もっと大きなコンサート会場がいい!   

そう思うのは、当たり前です。

頑張った見返りを求めちゃうんです。  

健康のために走ってきたあとのジュースにケーキ。 OLさんなら、休日返上で頑張った見返りにブランドバッグ!とかね。  

でも、歌手の世界において、今年は「歌えること」の尊さを噛み締めることとなったそんな一年だったと思います。  

この主人公の女の子も「ギューっとされたいだけ」という言葉を使っています。  

本当にそう思っていると思います。
他に何も要らない。
ただそれだけして、
と。  

じゃあ、佐藤に質問。
結局、この主人公が求めていることは何ですか? 


答えは、 単に「愛を感じたい」ということです。 

その中の一つが「ギュー」なんです。  

多くを望んだわけでなく、たったそれだけという気持ちを表しています。  

しかし、歌詞の中に他の本音も出てきます。  

週末のことは考えてる?
いや、週末だけでなく、平日は?
あ、考えてたフリした。ムカつく。
なんもわかってない。  

では、小田に質問。
実際に彼氏が週末の予定や平日の午後の予定をみっちり考えていたらどうなると思いますか? 


はい。
週末の予定を午前から綿密にみっちり立てられて、明日も朝早い平日の夜にガチの長電かかってきたら、それはそれでウザいわけです。 

明日早いんですけど〜。とか、日曜は目が覚めてから、思いつきでよくない!?と。  

そうなったらそうなったで、「全然わかってないわ」となるわけです。  

でも、結局そういう思いを口に出せないから無駄な抵抗をしてみたりするんでしょうね。嫌われない程度に(笑)。 

上見ても下見てもキリなしってわかってますからね。 

 では、譜久村に質問。
僕がタイトルで迷ったフレーズがもう一つあります。 どれだと思いますか?


 はい。タイトルの別候補は、「ウサギちゃんシンドローム」です。これなんかええなぁ〜。 

カラオケで「次の曲」にこの曲名が出てきたら友達が「え?なに?」って反応しそうやん。 

ちなみに、このフレーズと「街の真ん中 泣いたろか」は気に入ってます。 はい、サウンド的には早いテンポには聞こえないですが、かなり細かい音符が入ってます。  

ダンスを大ノリで作ってしまうのは(踊ってしまう)のは簡単だけど、この曲はドラマチックにちょっとミュージカルの1シーンのようにゴージャスに仕上げると他の曲と違った個性的なポジションになるはずです。  

どうぞ、楽しんで歌ってください。 

コンサートが当たり前に出来る日が早くやってきますように。  

P.S. 生田と石田にとって、これだけはしなきゃいけないことを教えてください。 モーニング娘。全体でなく、自分個人のことが聞きたいです。 

あ、他のみんなも考えてみてくださいね。

純情エビデンス/ギューされたいだけなのに【通常盤A】


===

ミュージックビデオはこちら!

CDの詳細はこちらをご覧ください。

有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」では、オリジナルコラムや、ゲストを迎えた対談記事を毎月3本以上更新いたします。是非ご覧ください。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つんく♂

つんく♂noteを読んでくれてありがとうございます。この記事を気に入ったらスキを押して、有料部分もどんどんSNS等で拡散していただけると嬉しいです!その際は、#つんくnote をつけてつぶやいてください。自分のnoteに持論を書く人も歓迎!感想待ってます!

お!「スキ」あざーす!
総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。