つんく♂

総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。

つんく♂

総合エンターテインメントプロデューサー / TNX株式会社代表取締役社長。1992年、ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー。音楽家として作詞・作曲と、「モーニング娘。」をはじめとした数多くのアーティストプロデュースを手がける。

    マガジン

    • つんく♂の超プロデューサー視点!

      月に3本以上、オリジナルのコラムやゲストを迎えた対談記事をアップします。さらに、過去コラムをすべてお読みいただけます。本マガジン内のコンテンツの一部もしくは全文は、後日無料で配信される可能性もあります。ご了承ください。

    • つんく♂のプロデューサー視点。(無料版)

      【無料マガジン】本マガジンでは、オリジナルの無料コラムをアップしていきます。 もっといろいろなコンテンツを読みたいと思われた人は、有料マガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」(880円・月3本以上)を購読ください。

    • セルフライナーノーツ

      【無料マガジン】つんく♂が提供した楽曲のセルフライナーノーツです。

    • 中2映画プロジェクト

      つんく♂サロンのメンバーが中心となり、3本のショートムービーを作ることになりました。 テーマはずばり「中2」! 子供でもなく、大人にもなりきれない…… 思春期の女の子たちの日常を切り取るような、キラキラした青春映画を3本作ります。これを読めば分かるヒロインオーディションからクラウドファンディングまでのまとめ記事や作品紹介&出演者情報などをまとめたマガジンです。

    • つんく♂のセルフライナーノーツを〇〇が読んでみた

      【無料マガジン】つんく♂が楽曲提供をしたアーティストがお届けするライナーノーツの朗読(音声コンテンツ)です。アーティストの感想もお聞きください♪ ※一部、声優による朗読の場合もございます。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    芸能界における「営業」の真意と2021年版アイドルの必勝法

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。今回のつんく♂描き下ろしコラムのテーマは「100万RTされるより100人のアイドルにこそっ…

    つんく♂
    1年前

    つんく♂が好きなシド・マオの楽曲を深堀り。 時代の裏側を読む歌詞の書き方

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、対談企画第5回目ゲストはシドのボーカリスト・マオさん。後編は「年齢を重ねたバンドマンはどんな歌詞を書くべきか?…

    つんく♂
    1年前

    目立ちたがりの少年が、東京ドームに立つまで シド・マオの生い立ちをつんく♂が深堀り!

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、対談企画第5回目ゲストは、人気ヴィジュアル系バンド、シドのボーカリスト・マオさんです。もともとは男子同士でふざ…

    つんく♂
    1年前

    コロナ社会と青春娘。

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。今月も特典として、ハワイの生活情報誌「Lighthouse Hawaii」2021年4月号掲載分を加筆・…

    つんく♂
    1年前

    2021年3月を振り返るひそひそ話。

    「つんく♂の超プロデューサー視点!」をご覧いただき、ありがとうございます。マガジンご購読の方向けの特別記事として、つんく♂のひそひそ話を更新いたします。モーニン…

    つんく♂
    1年前
    芸能界における「営業」の真意と2021年版アイドルの必勝法

    芸能界における「営業」の真意と2021年版アイドルの必勝法

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。今回のつんく♂描き下ろしコラムのテーマは「100万RTされるより100人のアイドルにこそっと教えたい、2021型必勝法」です。
    (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

    ソロアイドルから、グループアイドルの時代へ1980年代に一大ブームを迎えた日本のアイドルシーン。それ以前は、「アイドル」と

    もっとみる
    つんく♂が好きなシド・マオの楽曲を深堀り。 時代の裏側を読む歌詞の書き方

    つんく♂が好きなシド・マオの楽曲を深堀り。 時代の裏側を読む歌詞の書き方

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、対談企画第5回目ゲストはシドのボーカリスト・マオさん。後編は「年齢を重ねたバンドマンはどんな歌詞を書くべきか?」を軸に、作家としてのトークで盛り上がりました。時代をつかむ歌詞はどんな風に生まれるのか? つんく♂流の答えとは。対談前編はこちら。
    (文 藤谷千明 / 編集 小沢あや)

    ディナーショーは、若いうちにやろう
    つんく♂:例えば、俺はマオ

    もっとみる
    目立ちたがりの少年が、東京ドームに立つまで シド・マオの生い立ちをつんく♂が深堀り!

    目立ちたがりの少年が、東京ドームに立つまで シド・マオの生い立ちをつんく♂が深堀り!

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」、対談企画第5回目ゲストは、人気ヴィジュアル系バンド、シドのボーカリスト・マオさんです。もともとは男子同士でふざけているタイプの小学生だったマオさんがバンドを始めたきっかけや、シドへの想いなどを、つんく♂ががっつり深堀り。対談後編は明日12:00更新予定です。
    (文 藤谷千明 / 編集 小沢あや)

    「女子ウケより男子ウケを優先」マオの幼少期

    もっとみる
    コロナ社会と青春娘。

    コロナ社会と青春娘。

    noteマガジン「つんく♂の超プロデューサー視点!」のご購読ありがとうございます。今月も特典として、ハワイの生活情報誌「Lighthouse Hawaii」2021年4月号掲載分を加筆・編集し、購読者限定で公開します。
    (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)

    2021年3月を振り返るひそひそ話。

    2021年3月を振り返るひそひそ話。

    「つんく♂の超プロデューサー視点!」をご覧いただき、ありがとうございます。マガジンご購読の方向けの特別記事として、つんく♂のひそひそ話を更新いたします。モーニング娘。のレコーディング制作秘話や、現役メンバーのブログへのアンサーも。それでは、お楽しみください。
    (文 つんく♂ / 編集 小沢あや / イラスト みずしな孝之)